技術紹介

【得意技術】

調査器材 現場写真および収録データ 調査対象目的・特徴 器材名称
地中レーダ
埋設管探査、空洞探査(路面、護岸)、防空壕探査、道路下面性状調査などに適用できる。
埋蔵文化財遺構調査の初期段階並びに詳細調査に適用。
地中レーダ探査システム(SIRー3000)
270MHZ・400MHZのアンテナを搭載し、位置情報システム含む(GSSI社製)
ドローン
災害調査(初動・詳細)に有効である。
災害時の地形図作成、現地踏査を併せ災害マップ、調査計画、対策工法の選定に使用できる。
工事進行状況出来形報告、地表経年変化調査などに使用。
Phantom3Advanced
( DJI社製)
Mavic Air
( DJI社製)
スウェーデン式
サウンディング
(全自動型)
各種地盤調査。
狭い場所でも調査が可能、調査時間も短く費用も安価。
土の強さを連続して測定できる。地盤の硬軟度合の細かな変化がわかる
SST-100SE-25Ⅱ
(株)ワイビーエム社製
オートマチック
ラムサウンド
ボーリングと同様の動的コーン貫入試験である。
20cm毎にN値と同様の結果(Nd値)が得られる。
礫に当ると貫入不能となる場合がある。
ボーリングとの併用で調査費を縮小できる。
オートマチックラムサウンド
(応用地質社製)



【発表論文】

発表年 テーマ 備 考
2016 シラス分布地域における地質調査事例と課題について 全地連「技術フォーラム2016」熊本
2012 鹿児島市内の温泉と西郷隆盛が湯治した温泉 「地質と調査」2012第2号(通巻132号)